現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産を知る > 資産紹介-金剛三昧院地区
ここから本文です

金剛三昧院地区(こんごうさんまいいんちく)

金剛三昧院多宝塔

北条政子が夫の源頼朝の菩提を弔うため建暦元年(1211)に建立した「禅定院」を前身とし、承久元年(1219)に子実朝の菩提を弔うため禅定院を改築し金剛三昧院と改号した。
高野山の霊場化が、有力な貴族や武家による山上祈願所の寄進や建立によっても促進された事例を示すものである。

文化財指定:境内〔史跡〕、多宝塔〔国宝〕、経蔵・四所明神社本殿・客殿及び台所〔重要文化財〕

金剛峯寺
伽藍地区奥院地区大門地区金剛三昧院地区徳川家霊台地区本山地区

このページのトップに戻る