現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産を知る > 資産紹介-青岸渡寺
ここから本文です

青岸渡寺(せいがんとじ)

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山 [地図 2-D]
青岸渡寺本堂

 明治初年の神仏分離以前は「那智の如意輪堂」と呼ばれ、熊野那智大社社殿と並び建つ。もとは那智権現の供僧寺で、熊野那智大社と一体の寺院として発展した。

 熊野那智大社と併せ、熊野三山の中で神仏習合時代の姿を今に伝える唯一の事例である。

青岸渡寺
12世紀後半頃から始まる「西国三十三所観音霊場巡礼」の第一番札所であり、今も観音信仰の中心的霊場として多くの巡礼者が参詣する。
文化財指定:
境内〔史跡〕、本堂(附:厨子1基)・宝篋印塔〔重要文化財〕


このページのトップに戻る