現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産を学ぶ > 世界遺産セミナー > H25 第3回世界遺産セミナー「高野参詣の作法と利益」
ここから本文です
和歌山県世界遺産センター主催 平成25年度 第3回世界遺産セミナー

「高野参詣の作法と利益」
講師:高野山大学名誉教授 山陰 加春夫(やまかげ かずお)氏

平成25年9月22日(日) 13:00~15:00
高野町中央公民館 2階 第1・2会議室(伊都郡高野町高野山486番地)
参加費:無料(定員:40名)

 10世紀に一旦、衰微した高野山は、11~12世紀に至るや、摂関家・王家の登山が相次ぎ、その支援によって、ようやく中世寺院として再出発することができた。これらの高野参詣は入定信仰と高野山信仰に基づくものであった。

 本講演では、(1)摂関・院政期の高野参詣のありさま、(2)参詣が度重なるにつれて定まってきた高野参詣の作法(お詣りの仕方)の要点、そして(3)参詣によってもたらされる利益の内容をわかりやすく解説します。あわせて(4)『平家物語』の説く高野参詣の功徳にも触れます。

【講師プロフィール】
〔略歴〕
1951年 和歌山県に生まれる
1973年 大阪市立大学文学部史学地理学科卒業 
大阪市立大学大学院、高野山大学大学院、
高野山大学文学部講師、助教授、教授を経て
現在  高野山大学名誉教授、博士(文学)(大阪市立大学)
〔主要著書〕
『きのくに荘園の世界』上・下(共著・清文堂出版、2000年・2002年)
『高野への道』(共著・高野山出版社、2001年)
『中世寺院と「悪党」』(清文堂出版、2006年)
『巡礼高野山』(共著・新潮社、2008年)
『新編中世高野山史の研究』(清文堂出版、2011年)

  • 記載内容は都合により、変更する場合もあります。予めご了承下さい。
  • 事前申込みは不要です。
  • 悪天候により暴風警報・大雨警報が発令された場合は中止致します。
  • その他、詳細は下記「和歌山県世界遺産センター」までお問い合せ下さい。
    和歌山県世界遺産センター 世界遺産セミナー係
    TEL 0735-42-1044 FAX 0735-42-1560

このページのトップに戻る