現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産を学ぶ > 世界遺産セミナー >平成28年度 第3回 世界遺産セミナー「高野山への参詣と子院・宿坊」
ここから本文です
和歌山県世界遺産センター主催 平成28年度 第3回世界遺産セミナー

「高野山への参詣と子院・宿坊」
講師:坂本 亮太(さかもと りょうた)氏 (和歌山県立博物館学芸員)

平成28年9月4日(日) 13:00~15:00
高野町中央公民館2階(伊都郡高野町高野山486)
参加費:無料(定員:40名)

 現在、世界遺産及び関連文化財の保全に関しては、様々な問題点が指摘されています。県世界遺産センターとしても、登録資産の「良好な保全」および「適切な活用」が円滑に進むよう、平成19年度より、「世界遺産セミナー」を開催してきました。
 こうした中、今回は、和歌山県立博物館学芸員 坂本 亮太氏を講師に招き、「高野山への参詣と子院・宿坊」と題して、セミナーを開催いたします。

【講演要旨】
弘仁7年(816)に弘法大師・空海は高野山に金剛峯寺を開き、昨年には開創1200年の記念の年を迎えました。高野山開創以来、弘法大師や高野山に想いを寄せ、多くの人々が高野山へ参詣をしていました。そのようななか、高野山への参詣の窓口となっていたのが、山上で宿坊となった子院でした。今なお多く残る高野山上の子院・宿坊の活動を中心に、参詣の記録や参詣道の様子などもあわせて検討し、改めて高野参詣の歴史と魅力について紹介いただきます。

  • 記載内容は都合により、変更する場合もあります。予めご了承下さい。
  • 事前申込みは不要です。
  • 悪天候により暴風警報・大雨警報が発令された場合は中止致します。
  • その他、詳細は下記「和歌山県世界遺産センター」までお問い合せ下さい。
    和歌山県世界遺産センター 世界遺産セミナー係
    TEL 0735-42-1044 FAX 0735-42-1560

このページのトップに戻る