現在表示しているページ
ホーム > 熊野参詣道・大辺路(熊野古道)
ここから本文です

大辺路(おおへち)

長井坂の版築長井坂の版築
和歌山県 田辺市、西牟婁郡白浜町・すさみ町、東牟婁郡串本町・那智勝浦町

紀伊田辺から海岸線に沿いに進み、熊野三山に至る道である。
中辺路に比べ距離が長く、奥駈をする修験者や西国巡礼を三十三回行う「三十三度行者」と呼ばれる専門の宗教者が辿る道であった。ただし、江戸時代からは、信仰と観光を兼ねた人々の利用が知られる。
本来の姿が良好に保たれている範囲は限られるが、海と山の織りなす美しい景観に恵まれた道である。

文化財指定:史跡

富田坂

富田坂

安居の渡し

安居の渡し

仏坂

仏坂

長井坂から眺める枯木灘海岸

長井坂から眺める枯木灘海岸

富山平見道

仏坂

鬪雞神社

長井坂から眺める枯木灘海岸


このページのトップに戻る