現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産を知る > 資産紹介-徳川家霊台地区
ここから本文です

徳川家霊台地区(とくがわけれいだいちく)

徳川家霊台

徳川幕府の初代将軍家康と2代将軍秀忠の霊屋が建つ地域で、3代将軍家光の命により宝形造の霊屋2棟がそれぞれ透塀に囲まれて東西に並び建てられている。建物内部は、様々な工芸技術の粋を結集して細部にまで緻密な装飾が施されている。



徳川家霊台文化財指定:境内〔史跡〕、徳川家霊台2棟(家康霊屋‐厨子1基、秀忠霊屋‐厨子1基)〔重要文化財〕



金剛峯寺
伽藍地区奥院地区大門地区金剛三昧院地区徳川家霊台地区本山地区

このページのトップに戻る