現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産を守る > 世界遺産マスター
ここから本文です

和歌山県世界遺産マスターが活躍中!

和歌山県世界遺産マスターとは?

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全と適切な活用を推進するための民間リーダーです。
世界遺産に関する研修を行った後、認定試験を経て和歌山県知事から認定され、ボランティアで世界遺産保全啓発活動を行っています。

保全啓発活動

活動中は腕章を着けています。
お気軽にお声をお掛けください。

保全啓発活動

  • 世界遺産及びその周辺地域でのパトロール(主に参詣道)
  • 世界遺産関連地域情報の収集及び世界遺産センターへの情報提供
  • セミナーや研修会、語り部活動等における普及啓発活動

平成30年度 和歌山県世界遺産マスター募集

和歌山県では、民間の活力を生かし、官民共同で世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全と適正な活用を推進するため、「和歌山県世界遺産マスター」(以下、世界遺産マスターという)制度を設けており、現在115名の方が世界遺産マスターとして活動されております。

「紀伊山地の霊場と参詣道」は、自然と人々の営みが長い時間をかけて形成した「文化的景観」が主役であり、世界でも類を見ない資産として価値の高いものです。このかけがえのない資産の保全・活用及び啓発活動に熱意を持って取り組まれる方を募集します!

 募集内容の詳細については募集要項を御確認ください。
平成30年度の募集要項等、くわしくはこちら

 

このページのトップに戻る