現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産を知る > 資産紹介-熊野速玉大社
ここから本文です

熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)

和歌山県新宮市新宮 [地図 2-B]
熊野速玉大社社殿

熊野川河口近くに鎮座し、速玉神(伊弉諾尊)を主祭神とする。神社境内を中心に背後の「権現山」と熊野川に浮かぶ「御船島」及び「御旅所」を含み、境内には神木とされる天然記念物の「ナギの木」が壮大な樹冠を広げている。



神倉神社のコトビキ岩 神倉神社のコトビキ岩権現山南端の神倉山中腹には、祭神が降臨したとして信仰される巨岩(ゴトビキ岩)を御神体とする「神倉神社]が鎮座する。

文化財指定:境内〔史跡〕、熊野速玉神社のナギ〔天然記念物〕

熊野速玉神社のナギ(くまのはやたまじんじゃのなぎ)

和歌山県新宮市新宮 [地図 2-B]

熊野速玉大社のナギの木平治元年(1159)に社殿の落成を記念し、平重盛が植えたものと伝えられる。基部の幹周りが約5.45m、目通りの幹周りが約4.45m、高さが約 17.6mの老巨木である。樹幹の表面には縦溝がみられ、中軸をなす主幹がないことなどから、1株ではなく数株が合着して現在見る姿になったと考えられて いる。

文化財指定:天然記念物

このページのトップに戻る