現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産を学ぶ > 次世代育成事業
ここから本文です

次世代育成事業

レクチャーフィールドワーク
  和歌山県世界遺産センターでは、歴史上・学術上極めて高い価値を有する世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」について、資産を確実に保存しながら次世代に継承していくために、和歌山県世界遺産センターにおける世界遺産入門・現地ウォークなどの学習を通じて理解を深める、次世代育成のための授業支援を実施しています。

事業概要

 県下の小・中学校、高等学校の児童生徒を対象として、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の資産を確実に保存・継承していくために、和歌山県世界遺産センターにおいて分かりやすく世界遺産について学習できるプログラム「世界遺産入門」(60分間プログラム)と、現地での参詣道ウォークや清掃活動を実施します。

募集方法 6月中旬に各教委を通じ募集要項を配布
募集人員 各校40名程度(学校単位で募集)
その他 当該学校→世界遺産センター等(往復)の交通機関(借上げバス[1台]費用)は、和歌山県世界遺産協議会で負担

実施状況

平成28年度 実施報告書

このページのトップに戻る